女性ホルモンを効率よく増やすには…

女性ホルモンを増やすと、女性特有の悩みに効果を期待できます。たとえば、更年期障害の辛さを緩和したい…。薄毛に悩んでいる。生理不順で困っている…。肌トラブルが多い…。妊活中で、早く授かりたい…。などなど。

 

女性ホルモンを増やす、整えるのに一番大切なのは、言うまでもなく生活習慣の改善です。ストレスをなくし、睡眠をよく取り、適度な運動をして、バランスの良い食事をしっかり摂る。ですが、これが簡単にできれば、誰も苦労しませんよね。できないから、続かないから困っているのです。

 

生活習慣の改善のためのバランスの良い食事

 

どうしても、仕事や家事で生活が不規則にならざるを得ないですし、ストレスが多い社会です。日常生活の改善以外にも、女性ホルモンを増やすための方法はいろいろありますが、比較的に短期間で効率よく増やすなら、サプリメントがおすすめです。

 

サプリメントは1日に何粒かを飲むだけですので、忙しいあなたも、いままでダイエットなど生活習慣の改善がが続いたことのない人でも、決して難しくありません。そこで、以下に、40代〜50代の更年期障害に悩む方向けのサプリ、20代〜40代の生理不順に悩む方向けのサプリ、それに、おまけで更年期障害で薄毛になってしまった方向けの育毛剤などを紹介したいと思います。

 

ズバリ、更年期障害に悩むあなたにはこちら

 

full-me MACA(フルミーマカ)は、農薬不使用国産マカ100%使用(業界トップ国産マカ配合量)。女性ホルモン(エストロゲン)分泌が激減することで起こる40代〜50代の女性のイライラ、ホットフラッシュ、鬱の他、冷えや肌トラブルにも有効です。

 

full-me MACA(フルミーマカ)の詳細はこちら。

 

 

せっかくなら美容の効果も欲しい…そんなあなたにはこちら

 

元気の王様マカと、美容の王様プラセンタを配合したサプリメント。ホルモンバランスを整え、体温上昇などを期待できるマカサプリと、疲労回復、生理不順、そして美容に効果のあるプラセンタを配合した欲張りな内容です。

 

マカ・プラセンタの詳細はこちら。

 

 

生理不順に悩むあなたへのおすすめサプリはこちら

 

生理前のモヤモヤ、イライラからサヨナラ。20代〜40代女性の8割が抱えているというPMS(月経前症候群)は、ホルモンバランスの乱れが原因。重くてだるいカラダの改善も期待できます。

 

ルナベリーの詳細はこちら。

 

 

更年期で髪が抜けてきた…薄毛に悩むあなたにはこちら

 

更年期障害で、頭のてっぺんや、生え際が薄くなり始める…。女性にとって辛い悩みです。こちらはサプリメントではなく、育毛剤ですが、女性ホルモンの現象など女性の薄毛の原因に特化して作られたものですので、おすすめです。

 

ベルタ育毛剤の詳細はこちら。

女性ホルモンを増やす食べ物や食品

女性は初潮から始まり、更年期、閉経などを迎えるまで、ほぼ一生の大半を女性ホルモンの影響を受けているといっても過言ではありません。

 

たとえば、更年期を迎える45〜50歳代の多くの方が症状を訴えられる、更年期障害。これは、女性ホルモンの減少による影響なのですが、最近では30歳代の方の中にも、更年期に似た症状を訴える女性が増えてきています。

 

原因としては、過労、ストレス、ダイエットなどの食生活習慣の乱れ等が考えられます。女性ホルモンの減少による影響は、「女性らしさ」を失っていくことにつながり兼ねません。髪の毛のハリやコシ。潤いのある肌。男性にはない、美しい身体の曲線。これらは全て、女性ホルモンによるものなのです。減ってしまった女性ホルモンは、ホルモンの分泌を増やすのに有効な、食べ物や食品を摂取することで補っていくことができます。

 

女性ホルモンの分泌を増やす、食べ物や食品の代表的なもので、大豆イソフラボンを含む食品があります。大豆加工食品といえば、納豆、豆腐、黄な粉、豆乳など、日本には身近に沢山の大豆イソフラボンを含むものがあります。

 

女性ホルモンを増やすのに効果的な豆腐

 

また、ビタミンEを多く含むもので、アーモンド、かぼちゃ、アボガドなど。ビタミンB6を含む、魚やバナナなども積極的に取り入れて、女性ホルモンを増やしていきたいですね。

食べ物や食品以外で、女性ホルモンを増やす方法

女性ホルモンを増やす方法の1つに恋愛する事があげられます。女性ホルモンはそもそも妊娠出産の為に女性らしい体を作るために分泌されるものなので、それにつながる恋をすることで分泌量が増えるのです。実際に好きな人がいなくても映画やドラマを見てときめくだけでも分泌量が増えてきます。
恋愛すると世界がばら色に見えるという人もいますが、実際ピンク色を見るだけでも女性ホルモンが分泌される事がわかっています。小物をピンクにしてみたり、部屋のカーテンやファブリックをピンクにするのも良い方法です。

 

リラックスするのも女性ホルモンを増やすのには大切です。ストレスが多い生活や睡眠不足などは女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。なるべくゆっくり出来る時間をとることや、お風呂もシャワーですまさず湯船にゆっくりつかると良いでしょう。

 

好きな音楽を聴いたり、リラックス効果のあるアロマオイルを利用するのも効果的です。バラのアロマオイルには香りそのものに女性ホルモンのバランスをとる働きがあり、ラベンダーのアロマは深いリラックス状態にある時にでるα波にしてくれます。

 

アロマオイルでリラックス

 

充分な睡眠をとるのも大切なので、眠る前にラベンダーの香りを嗅ぐと良く眠れて女性ホルモンの分泌量も増えてきます。

女性の更年期障害の症状や対策について

女性は、50歳前後のころに更年期障害が起こってきますが、その代表的な症状は、ホットフラッシュと呼ばれている顔がのぼせたり、ほてったり、汗がたくさん出てしまいます。

 

ホットフラッシュは、閉経したのちに多く表れ、1年から数年間続くことがあり個人差があります。しかし、その中でも治療を必要とするほどにひどいというケースは、25%程度と言われています。

 

また、精神的なものでは、憂うつになることです。閉経した女性では約40%に認められているほどです。それだけ、目には見えない精神的なものも起こりやすいといえます。

 

他にも、肩こりがひどくなるケースもあります。

 

この更年期障害の程度は、本人の性格にも大きく左右されますし、家庭環境など周囲の環境などからも影響を受けるのでかなり差があります。

 

対策を行うのには、生活習慣や生活環境の改善を図るのがまず第一です。出来るだけ、リラックスできるように生活習慣を乱さないように心掛けることが大切です。ホットフラッシュ、発汗などを自律神経失調症状には、ホルモン補充療法を行います。ホルモン補充療法によって短期間で改善している方も多くいます。

 

身体や精神的な症状が組み合わさって表れる更年期障害ですので、一人で抱え込むことなく人に話したりしてストレスを発散していくような気持ちを持つことも大事です。

 

また、精神的な症状では、薬物療法を用いる場合もあります。

 

ただし、生活習慣の改善は簡単に見えてなかなか変えられるものではありません。また、薬物療法なども気軽に手を出せません。そこで、女性ホルモンを増やすのにおすすめなのがサプリメントです。

女性ホルモン剤を使用した場合の副作用

女性ホルモンを増やすために、あるいはその他の目的で女性ホルモン剤を使った場合には、いろいろな副作用があることを知っておきましょう。

 

まず、生理のような出血がありますが、これは女性ホルモンの働きによるもので、体に悪影響はないとされています。閉経後かなり経過をしていてこのような出血が苦痛に思える人は、持続的併用療法というやり方があります。薬の量をコントロールするので、出血を起こさせないようにすることが出来ます。

 

次に、女性ホルモン剤を始めてから胃がムカムカしてしまうこともあります。他には、乳房の張り、下腹部の張りやむくみなどが見られることも起こります。

 

不快な症状ですが、体が慣れていくうちに消えて行くのが一般的です。しかし、その副作用がかなり負担になっている場合には、遠慮せず医師をしましょう。女性ホルモン剤を減量して投与を行うなどの処方をしてくれます。

 

そして、子宮筋腫がある方は、大きくなってしまうことがあります。これは、女性ホルモン剤による作用で筋腫が刺激されるためです。このような場合は、まず医師とよく相談しましょう。筋腫を刺激してしまい、痛みや圧迫感などの症状が出てしますこともあり、一時的に中止することもあります。

 

女性ホルモン剤を使用している時には、このような症状が副作用としてある可能性があることを意識しておく必要があります。

妊活にも有効!

妊活中の女性にマカサプリメントがおすすめというのを知っていますか。妊活サプリとして有名なのが葉酸ですが、実はマカサプリも有効です。